富山県上市町で県内初の「ラウンドアバウト」供用開始

 富山県上市町で県内初の「ラウンドアバウト」供用開始富山県上市町で、県内初となる環状交差点「ラウンドアバウト」の供用が始まった。

5月20日の開通式には県警や自治体、地元自治会などの関係者が出席。テープカット、保育所園児によるくす玉開き、白バイ・パトカーによるデモ走行などが行われ、完成を祝った。

このラウンドアバウトは、地区の名前から「陽南環状交差点」と名付けられた。外径27㍍のコンパクトな交差点で、車両の通行方法を分かりやすくするカラー舗装や視線誘導標が設置されたほか、進入方向を誤らないように進入路の取付角度を調整するなどの配慮が施されている(写真)。