日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆全国首席監察官等会議を開催

警察庁は警察総合庁舎大会議室で「全国首席監察官等会議」を開いた。席上、栗生俊一長官は、当面配意すべき事項として、①非違事案の未然防止に資する業務の仕組みの構築②高い規律と士気を有する職場環境の確立―について述べるとともに、「監察業務の責任者として、自らの職務の重要性を認識し、その役割を十二分に果たすことを強く期待する」と訓示した。
     

 

◆吉田尚正警視総監が児童と横断歩道を渡る訓練

「春の全国交通安全運動」初日の4月6日、吉田尚正警視総監による横断訓練が、台東区・区立忍岡小学校で開かれた。新入学児童の登下校時等の交通事故防止が目的。入学式を終えたばかりの新1年生約60人と父兄らが参加した。式典の後、学校近くの池之端交番前交差点の横断歩道を、吉田警視総監、服部征夫台東区長らと手をつないで横断し、横断歩道の安全な渡り方を学んだ(写真)。

吉田尚正警視総監が児童と横断歩道を渡る訓練    

◆滋賀県警に県内企業が交通安全の啓発品を寄贈

春の全国交通安全運動に先駆け、滋賀県警で県内企業から啓発品の贈呈が行われた。運動期間中の交通事故防止に役立ててもらおうと、草津市内に事務所を置くセキスイハイム近畿㈱滋賀支店が毎年春と秋の運動前に行っており、今回で9回目。「事故レッドゾーン半減対策実施中」と記載された啓発用プロテクトマスク6,000組が県警に寄贈された。また県自動車整備振興会からは、注意喚起のイラストが入ったポケットティッシュ2万個と反射材を用いて作られた折り紙3,000枚が贈られた(写真)。

滋賀県警に県内企業が交通安全の啓発品を寄贈       

◆鹿児島県鹿児島西署の新庁舎が完成

鹿児島県鹿児島西署の新庁舎が完成し開庁式が行われた(写真)。新庁舎は、昭和46年に建てられた旧庁舎の老朽化に伴い、旧庁舎が隣接する敷地に建設された。鉄筋コンクリートの地上6階建てで、延べ床面積は旧庁舎より3.3倍広い約5,700平方㍍。総事業費は約30億円。耐震性に優れ、インフラが遮断された緊急時にも自家発電や給水ができるように、災害発生時のライフラインを強化。DV・ストーカー事案等に対応する「被害者支援ルーム」も県内警察署で初めて設置された。

滋賀県長浜署とドラッグストアで災害時の協力協定結ぶ

     

~放射塔~清水エスパルス・北川航也選手が防犯ポスターのモデルに

○…自転車の盗難被害を防ごうと、静岡県静岡南署はこのほど、サッカー・ J1「清水エスパルス」の協力で、静岡県出身の北川航也選手をモデルにした防犯ポスター(写真)を作製した。
○…北川選手が自転車の前で指を差す写真を配置。ポスターを見た人に「ツーロックをしよう!」と力強く呼び掛けるデザインだ。
○…通常の鍵だけでなく、ワイヤー錠などの補助錠を使用することで盗難被害の多くは防げる。「ツーロックの励行を呼び掛け、被害防止につなげたい」と同署。

静岡南署で、清水エスパルス・北川航也選手が防犯ポスターのモデルに

 

▼2017年7月~12月

2018年1月
  1 2 3 4 5

6

7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11

12

13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2018年4月
             
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



footer