日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成30年度の交通安全業務計画を策定

国家公安委員会・警察庁は「平成30年度国家公安委員会・警察庁交通安全業務計画」を策定した。平成29年度交通安全業務計画からの主な追加・変更点として、▽2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を見据えた対応▽「あおり運転」対策の強化▽携帯電話使用等違反の取締り強化▽二次的交通事故防止対策の推進―などが盛り込まれた。
     

 

◆ラグビーW杯・五輪会場管轄署でテロ対策ネットワーク設立

静岡県内で、ラグビーW杯や東京五輪・パラリンピックの競技会場を管轄する3警察署(袋井、大仁、御殿場)が、3月末までに官民連携のテロ対策ネットワークを設立した。昨年9月に県警が立ち上げた「テロ対策ネットワーク静岡」(現在67機関が参画)の警察署版。全県的な取組みと連動し、より地域に密着した活動を推進することがねらいだ。県警は県内全署でネットワークの設立を目指しており、3署が先陣を切る形となった。
   

◆兵庫県警が神戸税関とテロ対策訓練

兵庫県警は神戸税関とのテロ対策訓練を、税関が輸出入貨物の検査を行う「神戸税関六甲アイランドコンテナ検査センター」で行った。「コンテナ貨物に爆発物が積み込まれている」との想定に、東灘署、通信指令課、機動隊、外事課の警察官や税関職員など約40人が挑み、テロ対処能力の向上を図った。訓練では▽税関によるコンテナ検査▽県警、税関による110番通報・避難▽機動隊による爆発物処理(写真)―などが行われた。

兵庫県警が神戸関税とテロ対策訓練       

◆沖縄県嘉手納署がドローン講習を実施

沖縄県嘉手納署は小型無人飛行機(ドローン)について学ぶ講習を、関連業者から講師2人を招いて実施した。テロなどでドローン関連事案が発生した場合の対処能力を向上させるためで、実際に機体を使ったデモ飛行も行われた。講習では、ドローンの基本的性能や悪用されたケースを想定した質疑応答があり、講師が回答した。

     

~放射塔~ 「パトカー最強部隊」腕章で存在感示す

○…石川県察本部地域課自動車警ら班員は、班員の誇りと使命感の醸成、士気高揚を図るため、腕章(写真)を作り、2月から装着を始めている。
○…班員によるデザインで、「自動車警ら班」の文字とともに、外国人対応も踏まえて「POLICE」「ISHIKAWA MOTOR PATROL UNIT」の英字を併記。腕章中央に金色の刺しゅうで県鳥の「イヌワシ」を描き、「縦横無尽に飛び回って獲物を仕留める生態にあやかり『犯人を絶対に逃がさない』という強い思いと、安全安心の確保に努める」との意気込みも表した。
○…同班の若手警察官からは「専従班としての誇りを感じる」の反響があり、現場責任者にも「一目で自動車警ら班と分かるので、任務付与をしやすい」と好評。今後も同班は、職務質問のスキルアップと街頭パトロールの強化に努め、犯罪の未然防止と徹底検挙を推進する「パトカー最強部隊」を目指してまい進していく。

「パトカー最強部隊」腕章で存在感示す

 

▼2017年7月~12月

2018年1月
  1 2 3 4 5

6

7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11

12

13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2018年4月
             
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



footer