日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆警察庁と農水省で農耕作業用自動車の事故防止対策を推進

警察庁は、農林水産省と連携し農耕作業用自動車の交通事故防止に向けた対策を推進している。毎年、農耕作業用自動車の関係する交通死亡事故が全国的に発生していることから、過去5年間(平成25年~29年)の農耕作業用自動車の交通死亡事故の発生状況や事故事例等を取りまとめ、交通死亡事故抑止対策を推進しているもの。事故の際の車外放出や横転の際に下敷きとなることを防ぐため、シートベルトの着用や安全キャブ・フレームの装着などを呼び掛けている。
     

 

◆兵庫県警で大規模自然災害対策の初期対応要領を策定

南海トラフ巨大地震や台風などの災害対策で兵庫県警が1月に策定した、警察署の初期対応要領を定めた総合的な新要領「大規模自然災害対策初期対応要領(モデル版)」。県内全49署はモデル版を踏まえた警察署版の初期対応要領を作成し、4月から運用を開始する。
   

◆埼玉県警で交通事故現場の鑑識技能競技会を開催

埼玉県警は交通事故が起きた際の交通鑑識技術の腕を競う「第2回交通事故現場鑑識技能競技会」を、さいたま市西区の県警車両総合訓練コースで行った(写真)。次世代を担う若手警察官が対象で、実況見分を実施するうえでの基本的なポイントや着眼点、証拠品採取などの現場教養を通じて、実務能力の向上を図った。

埼玉県警で交通事故現場の鑑識技能競技会を開催       

◆岡山県警が少年の健全育成キャンペーンを展開

岡山県警は県や県教委と協働し「県民総ぐるみ!子どもの健全育成キャンペーン」を展開している。基本コンセプトは「まずは、大人がルール、マナーを守る」。入学シーズンを控え、今月10日には非行防止や健全育成、インターネットに起因する性犯罪被害防止に向けた広報啓発活動を津山市内の大型商業施設「イオンモール津山店」で行った。活動には、県青少年非行防止推進大使でタレントの梶原凪さんも駆け付け「携帯電話販売店店長へのフィルタリングの設定要請」(写真)などに取り組んだ。

岡山県警が少年の健全育成キャンペーンを展開

     

~放射塔~ ほくとくんストラップでシートベルト着用を呼び掛け

○…北海道警本部高速隊は道高速道路交通安全協議会と、道警シンボルマスコット「ほくとくん」がシートベルトを着用しているイラストの「夜光反射材ストラップ」(写真)を1,000個製作した。
○…高速道路での全席シートベルトやチャイルドシートの適切な利用、着用率の向上を目指すためで、幅広い年代が親しみを持てるかわいらしいデザイン。同隊によると「隊全員が一丸となり、交通死亡事故防止を願った物」だ。
○…ベルトした? 発進前の 合い言葉―。裏面には、隊員から募集した安全標語を記すなどの工夫も。4月の「春の全国交通安全運動」で配布される予定で、大きな啓発効果が期待できそうだ。

ほくとくんストラップでシートベルト着用を呼び掛け

 

▼2017年7月~12月

2018年1月
  1 2 3 4 5

6

7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11

12

13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2018年4月
             
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



footer