日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆警察庁指定広域技能指導官17人に長官賞贈る

警察庁の栗生俊一長官は同庁長官室で、警察庁指定広域技能指導官17人に対して長官賞詞・賞を授与した。同庁指定広域技能指導官として、全国の警察に自らが有する専門的技能・知識を伝承し、後継者を育成するなどして、全国警察力の強化に多大な貢献をした功労に対して贈られたもの。
     

 

◆静岡県警が「子供の性被害防止に向けた共同メッセージ」発信

静岡県警は「子供の性被害根絶プログラム」の一環で、小学生の保護者を対象とした「子供の性被害防止に向けた共同メッセージ」を策定し、発信している。県教育長、静岡市・浜松市教育長、県警本部長の連名。性被害児童の低年齢化や保護者がスマートフォンを子供に貸し与える風潮を踏まえ「『知らない人にはついていかない』『嫌なことをされたらすぐに親か学校の先生に言う』ことを子供に教えてほしい」「インターネット利用の際はフィルタリングを利用してほしい」ことを呼び掛けている。
   

◆佐賀県鳥栖署が居住者に災害モニターを委嘱

佐賀県鳥栖署は、災害情報の早期収集と災害対策に関する警察活動への意見・要望の把握を目的に、災害モニターを設置した。2月28日に1回目の委嘱式があり、災害モニターの趣旨に賛同する管内居住者27人がモニターとなった。委嘱式で、北野一信署長は「災害モニターの協力を得ながら、災害発生時や災害が発生するおそれがある場合の情報収集に万全を期したい」とあいさつした。
      

◆大阪府堺署がバザーの収益金を育英会に寄付

少年の健全育成と社会参加を支援するため、大阪府堺署はチャリティーバザーの収益金を府警察育英会に全額寄付した(写真)。バザーの期間は1月9日~23日の15日間。出品点数389点、入札方式で行ったところ、落札金額は計14万9,633円となった。

大阪府堺署がバザーの収益金を育英会に寄付

     

~放射塔~ 愛知県警音楽隊の投稿動画が再生200万回を突破

○…愛知県警音楽隊が動画サイト「YouTube」に投稿した広報動画の再生回数が200万回を超えるなど、大きな反響を呼んでいる。
○…投稿動画は、画面中央に配置されたドラムセットに制服姿の警察官が近づき、ドラムセットを叩き始めると、演奏隊員とカラーガード隊員(フレッシュ・アイリス)が次々と加わるという“フラッシュ・モブ的”な要素を含んだもの。最後に、交通安全のメッセージが現れる(写真)などの工夫も凝らし、企画から撮影・編集までのすべてを音楽隊員が手がけた。
○…平成28年6月21日の公開以来、月平均10万回のペースで視聴回数が増え、約20カ月後の今年2月23日に200万回を突破。他のウェブサイトでも動画が取り上げられるなど、注目を集めている。同隊は「今後もタイムリーな広報活動を推進するため、各種広報活動を実施していく」としている。

愛知県警音楽隊の投稿動画が再生200万回を突破

 

▼2017年7月~12月

2018年1月
  1 2 3 4 5

6

7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11

12

13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2018年4月
             
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



footer