日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆古物営業に関する有識者会議が報告書を提出

警察庁の「古物営業の在り方に関する有識者会議」(座長・松村敏弘東京大学社会科学研究所教授)は昨年12月、同庁に報告書を提出した。古物商が他の都道府県に営業所を設ける際は届出で足りる制度や、営業制限を緩和し、イベント会場等でも届出をすることで買受け等の古物の受取を可能とすることを検討すべきとしている。同庁では、これらを踏まえ法改正も含めた検討を進める。
     

 

◆大阪府警が帰省客に特殊詐欺注意のキャンペーン

大阪府警は府や大阪市などと連携し、年末の帰省客で賑わうJR新大阪駅構内で特殊詐欺被害防止キャンペーンを実施した(写真)。帰省する子や孫から、実家で暮らす父母、祖父母に被害に遭わないよう注意を呼び掛けてもらうことがねらい。特殊詐欺の手口は、犯人からの電話(アポ電)が自宅の固定電話にかかってくることが多い。そのためキャンペーンでは、本部府民安全対策課や鉄警隊の警察官、府・市の職員が「実家の両親に特殊詐欺に気を付けてもらうように注意を呼び掛けてください」などと帰省客に声を掛けた。

大阪府警が帰省客に特殊詐欺注意のキャンペーン  

◆山梨県警察学校で初任科生の接遇技能競技会

山梨県警察学校で初任科生の接遇技能競技会が開かれた。初任科第352期長期生34人が出場。筆記と巡回連絡を想定した実技を通して、コミュニケーション能力を含めた接遇技能の向上を図った。実技では、学生が2人1組17個班に分かれ、所管区内で窃盗被害が頻発しているとの想定で、交番勤務員として仮想市民宅への巡回連絡を実施(写真)。20分の制限時間で接遇マナーに気を配りながら巡回連絡の意義説明、防犯指導、相談受理を行うとともに、家族構成などを聴き取った。

山梨県警察学校で初任科生の接遇技能競技会       

~放射塔~ 俳優・岡田将生さんが110番広報宣伝大使に

○…警視庁赤坂署は港区青山の新青山ツインビルで、俳優の岡田将生さん、木村文乃さんを招き「110番の日」のイベントを開いた(写真)。
○…深野義幸署長のあいさつの後、2人は「赤坂警察署110番広報宣伝大使」に任命された。「110番の日」について説明を受け、「都内の1日の通報件数」を聞かれた岡田さんは迷いながらも「1,000件くらい」と回答。約4,800件の通報があるとの正解に驚いていた。
○…この後、2人は110番に関するリーフレットを参加者に手渡し、緊急性のない警察への電話は「#9110」の番号に掛けること等をPRした。

俳優・岡田将生さんが110番広報宣伝大使に

 

▼2017年7月~12月

2018年1月
  1 2 3 4 5

6

7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11

12

13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2018年4月
             
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



footer