日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成30年の警察情報通信部門業務運営の基本指針決まる

警察庁は「平成30年における警察情報通信部門の業務運営の基本指針」を策定し、全国の警察に通達した。基本指針として、▽更なる組織力の発揮と体制の充実▽機動警察通信隊の活動強化▽警察情報システム等の将来構想の確立及び推進▽時代の変化に対応する警察情報通信基盤の確立▽多様化・深刻化するサイバー空間の脅威への対処―を掲げ、それぞれ具体的施策を示した。部門一体となって業務の推進に全力を尽くすよう指示している。
     

 

◆広島県警と指定自動車学校協会で災害時の燃料供給協定結ぶ

広島県警は「災害時における施設の使用及び燃料の注油に関する協定」を(一社)広島県指定自動車学校協会と締結した(写真)。大規模災害が発生した際には、協会加盟の指定自動車学校29校から、施設使用と警察車両への給油が受けられることになった。協定は、東日本大震災の発生時に給油所に長蛇の列ができて警察活動に支障を来たした教訓や、応援部隊など大部隊の活動拠点を確保するための課題を踏まえ、県警が協力を依頼し、締結が実現した。

広島県警と指定自動車学校協会で災害時の燃料供給協定結ぶ  

◆高知県宿毛署と愛媛県愛南署でテロ対応訓練を実施

高知県宿毛署は県を越えて初動対応力の強化を図るべく、愛媛県愛南署と合同のテロ対応訓練を初めて実施した(写真)。訓練は、国際テロリストの容疑者が愛媛県から高知県に入り、ホームセンターで爆発物原料の大量購入を企図するとの想定で行われた。対象者の高知県入りの情報を入手した愛媛県警本部から、高知県警本部に連絡があり、対象者を確認した両署が県境を跨いで追跡を開始。最後には、対象者が爆発物原料を大量購入したホームセンターから通報を受け、駆け付けた署員が店外で制圧・検挙した。

高知県宿毛署と愛媛県愛南署でテロ対応訓練を実施       

◆五輪・パラリンピック控え静岡県警が通話実務研修会開く

静岡県警で通訳実務研修会が開かれ、民間・警察職員の部内通訳要員ら計92人が参加した(写真)。東京五輪・パラリンピックの開催等に伴う訪日外国人急増対策及び持続可能な通訳体制の確立に向けた施策の一環。刑事企画課補佐が「取調べの録音・録画に関する留意事項」について、民間通訳人が「取り調べの録音・録画における通訳経験を通じた留意事項」についてそれぞれ講義したほか、民間通訳人を講師に迎えた取調べのロールプレイング演習が行われた。

五輪・パラリンピック控え静岡県警が通話実務研修会開く

     

~放射塔~ 園児と手作りの門松に新年の願い込める

○…愛知県北署の署員と地元幼稚園児が一緒に手作りした門松が、同署と幼稚園にそれぞれ設置された。
○…年始の「110番の日」広報の一環で、高さ約2㍍の門松には「緊急事案は110番」と書かれた紙を貼付。園児が新年に向けて願いを込めた短冊も掲げられた。
○…昨年の12月21日に設置され(写真)、増田好泰署長は「知らない人に連れていかれそうになったら大声で助けを呼び、110番してもらってください」とあいさつ。園児はこの約束に敬礼で応えた。

園児と手作りの門松に新年の願い込める

 

▼2017年7月~12月

2018年1月
  1 2 3 4 5

6

7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11

12

13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2018年4月
             
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



footer