日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆「防犯ボランティアフォーラムin三重2017」を開催

三重県警と県防犯協会連合会の共催で「防犯ボランティアフォーラムin三重2017」が開かれた。平成24年度から始まり、防犯ボランティア団体の士気高揚、相互交流による活動の活性化を促すとともに、活動内容の周知による新たな参加者層の拡充がねらい。生活安全部長のあいさつの後、他団体の参考となる優れた活動を行う5団体が、取組内容などを発表した。
     

 

◆宮崎県警が発声研修会開く

迅速かつ的確な110番受理・無線指令を実現し、適切な初動警察活動につなげるため、宮崎県警は発声研修会「聞き間違えない話し方講座」を開催した(写真)。発声や滑舌を良くして、通報者とのコミュニケーションを円滑なものとするためで、本部通信指令係や警察署通信指令担当者に加え、電話交換業務や交通安全教室、防犯講話などを行う警察職員など約60人が参加した。

宮崎県警が発声研修会開く

◆佐賀県鳥栖署が事故多発路線で交通立番

秋の交通安全県民運動期間中の9月25日、佐賀県鳥栖署は日没時間帯の交通事故を防ぐため、反射材を着用した大勢の警察官が、事故多発路線の県道17号で交通立番をする警戒活動を行った。同署管内で、今年の交通事故多発交差点のワースト1、2がわずか100㍍の間隔で連続しているため、同交差点間を実施区間に選定。日没時間に合わせ、夜光チョッキを着用して手首に反射材を巻いた警察官16人が等間隔に立ち(写真)、白バイ・パトカーも周辺でレッドランプ走行に当たった。

佐賀県鳥栖署が事故多発路線で交通立番       

◆神奈川県警の職員美術展に268点を展示

第44回神奈川県警察職員美術展が9月27日~10月1日に横浜市西区の「横浜市民ギャラリー」で開かれ、県警の集計で311人が来場した。警察職員や警親会会員(警察OB)らが制作した絵画38点、写真159点、書道23点、手工芸48点の計268点の作品を展示。出展者は警察学校入校中の初任科生から最高齢の90歳までと幅広く、プロ顔負けの力作が揃った。28日には斉藤実本部長が会場に訪れた(写真)。

神奈川県警の職員美術展に268点を展示

     

~放射塔~ 日本の原風景残る町で住民とカーブミラーを清掃

○…高知県室戸署吉良川駐在所連絡協議会は室戸市吉良川町内のカーブミラー清掃活動を行った。同協議会会長が独自の活動として実施の意向を示し、駐在所員が事務局として企画・立案を務めた。
○…吉良川町の町並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、日本の原風景が今も残る。駐在所員が中心となって地域住民に清掃活動への協力を呼び掛け、「交通事故防止をはじめ、社会奉仕活動を通じた少年の健全育成、郷土愛の醸成による安全で平穏な地域社会の実現」などを目的とした企画が初めて実施されるに至った。
○…当日は協議会員と署員のほか、住民や吉良川中学校の生徒20人など総勢44人が参加。前日に通過した大型台風の影響でカーブミラーには大量の潮が付着するなど清掃活動には絶好のタイミングで、警察官と住民が協力し合い、丁寧に汚れを洗い落とした(写真)。

日本の原風景残る町で住民とカーブミラーを清掃

 

▼2017年1月~6月

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            



footer