日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆被害者連絡実施要領を改正

警察庁は7月13日の改正刑法の施行に伴い、「被害者連絡実施要領」を改正し、7月12日付で全国の警察に通達した。連絡対象者、連絡内容、連絡に係る体制、関係所属との連携などについて、被害者連絡に係る事情を勘案しつつ確実に被害者連絡が実施されるよう指示した。
     

 

◆花巻空港保安委員会の今年度総会を開催

岩手県警本部や花巻署をはじめ、消防や空港関係事業者などで構成する花巻空港保安委員会(委員長:花巻空港事務所長)の今年度総会が開かれた。22機関31人(警察からは5人)が出席し、昨年度の活動状況の報告、今年度の活動について確認。2年後のラグビーW杯(釜石市も会場の一つ)開催など、今後も外国人を含めた空港利用客の増加が見込まれることから、関係機関・企業による訓練の充実強化を図る方針とした。
 

◆大阪府住吉署で「還付金詐欺撲滅推進モデル出張所」を指定

高齢者を狙った還付金詐欺被害が急増していることから、大阪府住吉署は府内初の取組みで、りそな銀行の無人ATM出張所2カ所を「還付金詐欺撲滅推進モデル出張所」に指定した。出張所には、人感センサー付の警察官姿の音声が出る看板(ボイスポリス)やオリジナルポスター・ステッカーなどを置く。指定書交付式では、高橋健志署長が支店長に指定書を手渡した(写真)。

大阪府住吉署で「還付金詐欺撲滅推進モデル出張所」を指定       

◆部内通訳人の能力向上へ三重県警が通訳官研修会開く

三重県警は部内通訳人の語学能力の向上を目的とした「通訳官研修会」を県警本部で開催し、北京語、ポルトガル語、スペイン語、タガログ語の部内通訳人41人が出席した。研修会では、日本語を解さない外国人からの通報を想定した110番三者通話訓練が行われ、県の国際交流員が外国人通報者となって窃盗事案などを通報。110番受理者が今春の110番システム更新時に新たに導入された「多言語対応装置」を駆使するなどして使用言語を特定し、当該言語の部内通訳人に連絡して三者通話で通報を受けた。

     

~放射塔~ 広島県警の人材育成課マスコット「じんいくん」誕生

○…広島県警本部人材育成課オリジナルのマスコットキャラクターが誕生した(写真)。名前は同課の略称“人育”になぞらえた「じんいくん」。よく伸び、よく育つタケノコをモチーフにしたキャラクターだ。
○…県警にはマスコットキャラクター「メイプル君」がいるが、同課オリジナルのマスコットキャラクターを機関誌や広報で活用し、人材育成に対するイメージや課の一体感を向上させようと、作成に至ったという。
○…前所属でマスコットやイラストの作成経験があり、イラストが趣味の同課若手職員がデザインを手掛けた。各種術科の道着を着たものなど服装のパターンが複数あり、機関誌への掲載のほか、県下柔道大会のパンフレットの表紙に使用されるなど活躍の場を広げている。今後、同課はさまざまな表情やポーズも必要に応じて作成する予定で「愛されるマスコットを目指す」としている。

広島県警の人材育成課マスコット「じんいくん」誕生

 

▼2017年1月~6月

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            



footer