日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆高齢運転者事故防止の有識者会議が平成28年中の事故を分析

警察庁の「高齢運転者交通事故防止対策に関する有識者会議」(座長・石田敏郎早稲田大学名誉教授)はさきに同庁に提言を提出したが、その中で平成28年の高齢運転者による交通事故分析を行っている。それによると、75歳以上の高齢運転者の死亡事故は、75歳未満の運転者と比べ、車両単独事故が多く、類型別では、工作物衝突、出会い頭衝突、正面衝突の順に多く発生している。
     

 

◆香川県警で「実戦教養・術科指導室」を新設

今年度の組織改正で香川県警本部人事課内に「実戦教養・術科指導室」が新設された。初代室長の松本政司首席師範兼実戦教養・術科指導室長以下兼務員も含めた11人体制。実戦的総合訓練や逮捕術、柔・剣道など術科全般にわたり、より実戦的で効果的な訓練の充実を図る。女性警察官への術科指導を強化するねらいもある。
    

◆福島県2署と福島交通とで地域安全の協定結ぶ

福島県福島署と福島北署は福島交通飯坂線の鉄道を運行している福島交通㈱鉄道部と「地域安全に関する協定」を締結し(写真)、協力体制を構築した。警察が情報提供を行い、同鉄道部が業務を通じて高齢者への特殊詐欺などの犯罪被害防止に関する活動、子供・女性及び高齢者の見守り活動、犯罪・不審者情報等を入手した際の通報などを行うという内容。

福島県2署と福島交通とで地域安全の協定結ぶ       

◆飲酒運転に注意呼び掛ける「しゃべる自動販売機」設置

沖縄県浦添署は、飲料水メーカー・ダイドードリンコ、不動産会社・創信、ラジオ局・FM21などとの共同企画で「飲酒運転根絶しゃべる自動販売機」1台を、浦添市城間の屋富祖大通りに設置した(写真)。ダイドードリンコによると、交通安全や不審者への注意を啓発する自動販売機は他県にも存在するが、飲酒運転根絶啓発に特化したデザインとメッセージを流す自動販売機の設置は全国で初めてという。

飲酒運転に注意呼び掛ける「しゃべる自動販売機」設置

     

~放射塔~ 園児たちの交通安全七夕祭り開く

○…広島県安芸高田署は7月7日、警察署玄関で交通安全七夕祭りを開き(写真)、吉田保育園の園児が、玄関に飾られた高さ約3㍍の笹に「さゆうかくにんしてわたろう」や「しんごうまもります」などと書いた色とりどりの短冊を飾り付けた。その後、園児たちは「道路や駐車場では遊びません。道路は右左をよく見て渡ります」などと、交通安全の誓いの言葉も唱和した。
○…来署者は玄関先に飾られた七夕飾りに足を止め、園児たちの短冊を見て「事故を起こさないように気を付けなければいけませんね」と、交通安全への思いを深めていた。

園児たちの交通安全七夕祭り開く

 

▼2017年1月~6月

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            



footer