日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆風営適正化法施行規則の改正案を公表

警察庁は、ぱちんこへの依存問題に係る実態を踏まえ、客の過度な遊技を抑制するため、遊技球の獲得性能に係る基準を見直すなどを内容とした「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則及び遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則の一部を改正する規則案」を公表、8月9日まで意見を募集している。主な内容は、▽出玉規制関係(出玉規制の強化、大当たり出玉規制の強化)▽出玉情報等を容易に確認できる遊技機に係る規格の追加▽管理者の業務の追加▽ぱちんこ遊技機への「設定」の導入―など。
     

 

◆兵庫県警が4事業者と災害時の物資供給協定

兵庫県警は阪神・淡路大震災や東日本大震災等の反省・教訓を踏まえ、大規模災害発生時の応急対策業務に関する協定を4事業者と締結し、警察活動に必要な緊急物資の供給などについての協力体制を構築した(写真)。装備資機材販売事業者のトーグ安全工業㈱西日本営業部神戸営業所、㈱ポータ工業大阪支店、レンタカー関係事業者の(一社)兵庫県レンタカー協会、食糧販売事業者の㈱淡路屋。

兵庫県警が4事業者と災害時の物資供給協定  

◆滋賀県サイバーテロ対策協議会が7回目の総会開く

滋賀県警は県警本部で、県内の重要インフラ事業所でつくる「滋賀県サイバーテロ対策協議会」の第7回総会を開催した。県警職員をはじめ、会員事業所7分野14団体などから約50人が出席。サイバー空間の脅威が高まるなか、サイバーテロに備えた共同対処訓練の実施などについて協議し、官民相互の連携によるセキュリティ対策の強化を確認した。
      

◆退任の岩手県公安委員長が県警幹部に講演

岩手県警は7月2日付で退任した雫石禮子公安委員長による講演会を開催した(写真)。幹部職員の職務倫理教養の一環で、本部長以下本部内所属の幹部職員約70人が聴講した。雫石氏は「警察へ期待すること」と題し、県立大学社会福祉学部の心理学担当教授としての経験を踏まえて講演した。

退任の岩手県公安委員長が県警幹部に講演

     

~放射塔~ ママさん白バイ隊員が現場復帰で活躍

○…広島県警交通機動隊に所属する女性隊員が「ママさん白バイ隊員」として活動している。地元テレビ2局が「働き方改革新時代」と特集を組むなど、注目を集めている。
○…隊員は、白バイ隊員となって2人の子供を出産した久保河内裕梨さん(写真)。これまで県警では、育児中の女性隊員には「危険」などの理由で白バイに乗車させていなかったが、久保河内さんは「キャリアを無駄にしたくない」「後に続く女性隊員のために道を開きたい」「子供に白バイで活動する姿を見せたい」などと、復帰を希望。同隊が現場執行力や運転技術を見極め、安全に活動できると判断し、勤務形態に配慮したうえで隊員として復帰させた。
○…復帰後は母親目線で現場を見るようになり「1人でも被害に遭う子供たちを減らしたい」と意気込む久保河内さん。同隊は「今後も安全に十分配慮したうえで活動させる方針」としている。

ママさん白バイ隊員が現場復帰で活躍

 

▼2017年1月~6月

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            



footer