日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆全国公安委員会連絡会議を開催

全国公安委員会連絡会議(代表者会議)が東京・千代田区隼町のグランドアーク半蔵門で開かれた。会議では、松本純国家公安委員会委員長が「警察を取り巻く課題は山積している。諸課題に的確に対応するためには、国民の信頼や協力が不可欠。皆様には、引き続き御指導を」と挨拶。次いで坂口正芳長官の挨拶、有識者による講演、自由討議が行われた。

     

 

◆宮崎県内主要金融機関とサイバー犯罪・攻撃の共同対処協定結ぶ

サイバー犯罪・攻撃に迅速適切に対処するため、宮崎県警は県内の主要金融機関と共同対処協定を締結した(写真)。宮崎銀行、宮崎太陽銀行、宮崎県信用金庫協会、宮崎県信用農業協同組合連合会の4機関。今後、県警と各金融機関は連携し、事件発生時のサイバー犯罪捜査の協力、被害拡大防止に取り組むほか、共同でサイバー犯罪等に対する対処訓練、人材育成支援なども行う予定。

宮崎県内主要金融機関とサイバー犯罪・攻撃の共同対処協定結ぶ  

◆女性警察官の採用プロジェクトチーム「SKP はこ女」を指定

北海道警函館方面本部は、警察官採用募集公告日にあわせ、方面本部に勤務する女性警察官による採用プロジェクトチーム「SKP はこ女」を設置し、メンバーに対する指定書交付式を行った(写真)。SKPとは「採用・拡大・プロジェクト」の略称。昨年に続いて2回目の設置となる。メンバーは昨年の12人から、新たに指名された6人を含む13人となった。いずれも方面本部各課の精鋭で構成され、リーダーは生活安全課の係長が、サブリーダーは女性白バイ隊員が務める。

女性警察官の採用プロジェクトチーム「SKP はこ女」を指定       

◆高知県警でプロペラボート使用の救出救助訓練

高知県警は救助用プロペラボートを使用した救出救助訓練を消防機関と合同で実施した(写真)。豪雨で増水した川の中州に取り残された要救助者を、プロペラボートで中州に乗り上げて救助するという想定。プロペラボートを使用した、現場を想定した救出救助訓練は今回が初めてだったが、従来の救助用ボートでは航行不可能な浅瀬などの場所でもスムーズに航行し、救助できることが確認された。

高知県警でプロペラボート使用の救出救助訓練

     

~放射塔~ 巨大ポスターで免許証の自主返納を呼び掛け

○…徳島県警は運転免許証の自主返納制度や返納によるメリット制度を周知するため、県運転免許センター(板野郡松茂町)の1階ロビー壁面に、巨大啓発ポスターを掲示している(写真)。
○…大きさは縦3㍍×横2㍍。旧徳島空港のターミナルビルをリユースした同センター庁舎は天井が高く、建物の構造上の利点を生かした。ポスターでは、県警が取り組む「自主返納し易い環境作り」の一環として、メリット制度を前面に押し出し「バスの運賃半額」や「タクシー割引」などの特典や、経歴証明書の入手方法を紹介。右下部にあるQRコードにアクセスすると、メリット一覧表にリンクすることもできる。
○…ポスターは来庁者の注目を集めており、県警は同様のA4判チラシも1万枚作り、各署や県老人クラブ連合会などを通じて高齢者に配布している。

巨大ポスターで免許証の自主返納を呼び掛け

 

▼2017年1月~6月

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            



footer