日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成28年中の「匿名通報事業」運用状況まとまる

警察庁は、安心な社会を創るために「匿名通報事業」を推進しているが、このほど平成28年度中の運用状況についてまとめた。それによると、前年度より8,950件多い2万271件の通報を受理した。これらの大半はウェブサイトによるもの。警察では、これらの通報をもとに、暴力団が関与する犯罪や犯罪インフラ事犯などで44件を検挙した。
     

 

◆長崎県警で大規模総合警備訓練を実施

長崎県警は大村市に所在する「陸上自衛隊竹松駐屯地」で、機動隊や管区機動隊、第二機動隊などの約500人が参加する大規模総合警備訓練を実施した(写真)。長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典警護警備や、東京五輪・パラリンピックに伴う特別派遣などの各種警備に的確に対応できる精強な部隊を育成するため、部隊練度を向上させることがねらい。

長崎県警で大規模総合警備訓練を実施  

◆福井県警で安全運転サポート車使った高齢運転者講習

福井県警本部交通企画課と福井署は県や県指定自動車教習所協会、県自動車販売店協会と連携し、先進安全技術が搭載された「安全運転サポート車」を活用した高齢運転者講習を、福井自動車学校で実施した(写真)。県内初の試み。安全運転サポート車は、自動ブレーキやペダル踏み間違え時速度抑制装置などの先進安全技術が搭載されている。県警はサポート車の普及を促進し、高齢運転者の事故抑止につなげたい考え。

福井県警で安全運転サポート車使った高齢運転者講習       

◆大分県日田署で県建設業協会と合同の災害救助訓練

大分県日田署は「災害等における支援に関する協定」を締結した県建設業協会日田支部と、合同災害救助訓練を実施した(写真)。日田市内初の大規模合同訓練で、想定を明かさないブラインド方式が用いられた。同署と協会をはじめ、消防、自衛隊、防災士会、県土木事務所など12機関・団体の約100人が参加した。

大分県日田署で県建設業協会と合同の災害救助訓練

     

~放射塔~ 「高齢者が危ない!!」目立つ場所にポスター・リーフレットで呼び掛け

○…栃木県那須烏山署は高齢者が被害に遭う事件事故に注意を呼び掛けるポスターとリーフレットを作り、管内の公共機関や金融機関など、高齢者の目につきやすい場所に貼り出している。
○…同署が5月15日から展開している「高齢者が危ない作戦」の一環。作製枚数はポスターが200枚、リーフレットが500枚で、作戦名になっている「高齢者が危ない!!」の文字を中央に大書し「高齢者を犯罪や事故からみんなで守ろう!!」と呼び掛けている(写真)。同署は「地域全体で高齢者を見守る環境を醸成したい」としている。
○…同署によると管内の高齢者比率は3分の1以上を占め、今年に入って発生している特殊詐欺2件、交通死亡事故1件はすべて高齢者の被害という。ブレーキとアクセルの操作を誤り、自動車で住宅に突っ込む事故も起きるなど、高齢者対策は火急の課題となっている。

「高齢者が危ない!!」目立つ場所にポスター・リーフレットで呼び掛け

 

▼2016年7月~12月

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  



footer