日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆改正ストーカー法の解釈と運用上の留意事項を通達

ストーカー行為を非親告罪にすることや罰則の強化などを内容とした改正ストーカー規制法が6月14日全面施行された。警察庁は、これに先立ち、5月26日付で全国の警察に「ストーカー行為等の規制等に関する法律等の解釈及び運用上の留意事項」について通達した。今回施行された禁止命令等の制度の見直しの内容を踏まえたストーカー規制法等の解釈及び運用上の留意事項について周知することとしたもの。
     

 

◆宮崎県警が県信金協会と防犯の協定結ぶ

宮崎県警は県内の全5信用金庫が加盟する県信用金庫協会との間で「犯罪の起きにくい社会づくりに関する協定」を締結した(写真)。県警が声掛け事案や特殊詐欺などのタイムリーな防犯情報を協会に提供し、これを各信金の職員が高齢者をはじめとする顧客に直接伝え、事件・事故を防止するための意識啓発などに取り組む。

宮崎県警が県信金協会と防犯の協定結ぶ  

◆神奈川県警が横浜中華街の環境浄化パトロール

横浜中華街の環境浄化のため、神奈川県警と横浜市は飲食店など約200店舗に対する合同パトロールを行った(写真)。午前11時から正午までの1時間、管轄する加賀町署と本部生活安全総務課の警察官13人、横浜市(中区、資源循環局、都市整備局、土木事務所など)の職員26人が3班編成で中心地をまわり、道路上の看板や露店、事業系ごみの排出状況、客引きなどに目を光らせた。

神奈川県警が横浜中華街の環境浄化パトロール       

◆飲食店組合・タクシー協会・運転代行協会で飲酒運転根絶の協定結ぶ

飲酒運転による悲惨な事故を抑止するため、北海道釧路方面帯広署は管内の飲食店組合やタクシー協会、運転代行協会と「飲酒運転の根絶に関する協定」を結んだ(写真)。業者間で一層の連携を図り飲酒運転を根絶するための活動に取り組むほか、飲酒運転者を発見した場合には速やかに同署に通報することを内容としている。今後、飲酒運転に関する情報提供に基づいた被疑者の検挙とともに、飲食店従業員による交通手段の確認や声掛け、タクシー運転手による警戒によって、飲酒運転の抑止に大きな効果が期待されている。

飲食店組合・タクシー協会・運転代行協会で飲酒運転根絶の協定結ぶ

     

~放射塔~相撲立行司36代木村庄之助の山崎さんが故郷で講演

○…鹿児島県枕崎署は署員の職務倫理意識の向上と士気高揚を目的に、枕崎市出身で元大相撲立行司36代木村庄之助を務めた山崎敏廣さんの講演会を開いた。「行司人生を振り返って」のテーマに、署員約30人が耳を傾けた。
○…山崎さんは行司の衣装で登壇し、努力の大切さについて講演。「志した以上は道を究めるように努力を続けてほしい。夢を達成するためには地道な努力が必要である。やる気、根気、負けん気。自分に負けないように」と訴えた(写真)。
○…山崎さんは少年時代、「警察官になりたかった」という。その憧れについても触れ、「皆さんは私がなりたかった職業に就いているので、その道を極めるべく頑張ってほしい」と、署員への激励の言葉で講演を締めくくった。

相撲立行司36代木村庄之助の山崎さんが故郷で講演

 

▼2016年7月~12月

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  



footer