日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆警察における取調べの録音・録画の試行状況まとまる

警察庁は「警察における取調べの録音・録画の試行の実施状況」をまとめた。平成28年10月から録音・録画制度の施行に備えるための試行(新試行)を実施しているが、同月から平成29年3月までの間の半年間の録音・録画制度対象事件等に係る事件のうち、録音・録画実施件数は1,343件で、実施率は93.9%にのぼった。
     

 

◆岡山県警で少年非行防止の研究会を発足

岡山県警は将来を見据えた根源的な少年非行防止対策について審議するため、大学教授など有識者から幅広く意見を求める「少年非行防止研究会」を発足させた。県警本部長の諮問機関となり、「家庭環境」「少年心理」などを背景とする「少年の非行化要因」を分析し、その研究結果を警察活動に反映させ、非行情勢のさらなる改善につなげる。
 

◆岐阜県恵那署で認知症サポート競技会を開催

岐阜県恵那署は本部生活安全総務課や恵那市役所地域包括支援センターなどと連携した「認知症サポート競技会」を開き、対応要領を競った(写真)。全国的にも珍しい試みという。署員は認知症サポーター養成講座を受講した後、実践競技へ。経験豊富な地元ケアマネージャーが迫真の演技で高齢者役を演じ、各課代表が2人1組で、いかに認知症を理解しながら、優しく問い掛け、人定などを確認し、保護できるかを競い合った。

岐阜県恵那署で認知症サポート競技会を開催       

◆広島県海田署と農協組合とで安全・安心活動の協定結ぶ

広島県海田署と安芸農業協同組合は地域の安全・安心を守る活動に関する覚書を結んだ。同組合本店で締結式があり、土田克美署長と上田敏浩代表理事組合長が調印した(写真)。16支店で構成される組合には3万2,268人の組合員がおり、各支店がそれぞれ「きずなだより」(A3・両面カラー)を毎月発行し、組合員1万1,219世帯に持参・配布している。同署が組合に提供する「還付金詐欺の防止」「交通安全」などの情報について掲載し、地域住民の被害防止、安全・安心意識の高揚を図るという。

広島県海田署と農協組合とで安全・安心活動の協定結ぶ

     

~放射塔~MEDACHI隊が名称新たに再デビュー

○…青森県青森署は青森市内の青森保育所で交通安全教室を開き、若手署員で構成する「交通事故抑止戰隊『MEDACHI隊』」が戦隊ヒーローさながらのアクションを交えた寸劇で交通安全を指導した(写真)。
○…MEDACHI隊はこれまで「ナイトポリス」の名称だったが、「交通事故抑止戰隊」へと生まれ変わった。全身に反射材を付けた“目立ち過ぎ”のスタイルはそのままで、この日の寸劇は「道路に飛び出て車にひかれそうになった園児を寸前で制止して守る」という内容を披露。隊員の迫真の演技に、園児は真剣な表情で交通安全について学んでいた。
○…寸劇後、園児からは「道路を渡る時は『右、左、右』をちゃんと見る」の感想が聞かれるなど、今後隊員のさらなる活躍が期待されている。

MEDACHI隊が名称新たに再デビュー

 

▼2016年7月~12月

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  



footer