日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆少年事件の捜査管理の徹底を通達

警察庁は全国の警察に対し、「少年事件の捜査管理の徹底」について通達した。少年事件捜査についての留意点として、迅速な捜査をはじめ、管理システム等を活用した捜査の進捗状況等の確実な管理、教養の徹底、指導の強化などについて指示した。
     

 

◆広島県警で生活安全課長等会議を開催

広島県警本部生活安全部門や県内28警察署の刑事官、生活安全課長など93人が一堂に会する「生活安全課長等会議」を開催した。冒頭、名和振平本部長が「特殊詐欺抑止対策の推進」「人身安全関連事案への適切な対応」「少年非行防止・保護総合対策の推進」など、生活安全警察に係る現下の重要課題について訓示した。
 

◆神奈川県警が全国初の民間CSIRTアドバイザーを委嘱

神奈川県警はコンピューターのセキュリティインシデント(システム障害事案)に迅速かつ組織的に対処する体制「CSIRT(シーサート)」のアドバイザーに、S&J㈱コンサルティング部長の上原孝之氏を委嘱した(写真)。警察CSIRTのアドバイザーに民間の専門家を迎えるのは全国で初めて。講演や個別対応を通じて、最先端のセキュリティインシデントへの対処方法、サイバー空間の脅威に関する情報・技術の提供を受ける。

神奈川県警が全国初の民間CSIRTアドバイザーを委嘱       

◆福岡県警でAV出演強要・JKビジネス被害防止のキャンペーン

福岡県警本部生活保安課、少年課、中央署と、県男女共同参画推進課は県内有数の繁華街の西鉄福岡(天神)駅北口前広場で、AV出演強要やJKビジネスの被害防止を訴える啓発キャンペーンを実施した。啓発を行うに当たり、県警独自の啓発物(ポケットティッシュ)を製作。NPO法人ライトハウスから提供された啓発リーフレット「アダルトビデオ(AV)に出演させられそうになっている方へ」とあわせた500セットを、広場を通行する女性に配布した(写真)。

福岡県警でAV出演強要・JKビジネス被害防止のキャンペーン

     

~放射塔~伝統の有田陶器市、音楽隊が華々しくパレード

○…佐賀県警音楽隊は全国から集まった陶芸ファンで賑わう「第114回有田陶器市」(有田町)のオープニングパレードを飾り、開催期間中の事件事故防止を呼び掛けた(写真)。
○…音楽隊の陶器市パレードは昭和58年から始まり、日本磁器発祥の地として400年の歴史を持つ“陶器の里”での演奏は、同隊にとっても伝統行事の一つ。今回も「士官候補生」や「ビルボード」などの行進曲を演奏するとともに、女性隊員が華々しいフラッグ演技を披露し、沿道から大きな拍手や歓声を浴びた。
○…5月5日までの陶器市の人出は128万人にのぼったが、雑踏事故の発生もなく終了した。

伝統の有田陶器市、音楽隊が華々しくパレード

 

▼2016年7月~12月

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  



footer