日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成28年の暴力団排除の推進状況まとまる

警察庁は「平成28年の暴力団排除の推進状況」についてまとめた。警察では、公共部門や民間部門からの暴力団排除活動を推進しているほか、地域住民による損害賠償請求等や事務所撤去運動などの暴力団排除活動を支援している。また、警察及び都道府県暴力追放運動推進センターが援助の措置等を行うことにより暴力団から離脱することができた暴力団構成員は約640人だった。
     

 

◆岐阜県警と県で児童虐待の情報共有協定結ぶ

児童虐待事案への適切な対応を図るため、岐阜県警と県は児童虐待の情報共有に関する判断基準を定めた連携協定を締結した(写真)。警察と県の子ども相談センター(児童相談所)が相互に保有する情報を共有することで、虐待の早期発見・対応につなげる。協定では、虐待かどうか判断がつかないようなケースでも情報を速やかに共有すると定めており、県警は「事案の未然防止と拡大防止につながる」と期待を寄せている。

岐阜県警と県で児童虐待の情報共有協定結ぶ  

◆少年の健全育成へヤクルトレディが顧客に啓発活動

岡山県警は、岡山ヤクルト販売㈱、県西部ヤクルト販売㈱、津山ヤクルト販売㈱の3社の協力で、少年の非行防止や健全育成に向けた活動を始めた(写真)。地域に密着した活動を行うヤクルトレディが「まずは大人がルール・マナーを守ること」「大人から子供たちに積極的にあいさつをすること」などを啓発する県警オリジナルリーフレットを販売先の顧客(大人)に示し、少年非行防止・健全育成を話題にする。

少年の健全育成へヤクルトレディが顧客に啓発活動       

◆愛知県警鉄警隊で「鉄道施設内ちかん被害者支援連絡協議会」開催

愛知県警鉄警隊は列車内で発生する痴漢被害を撲滅し、鉄道施設内の安全・安心な環境を確保するため「鉄道施設内ちかん被害者支援連絡協議会」を開催した。協議会会員の県警関係所属(鉄警隊、子ども女性安全対策課、住民サービス課被害者支援室、中村署生活安全課)やJR東海など鉄道事業者5社、ジェイアール名古屋高島屋など百貨店3社、女子高校1校の関係者23人が出席。原田純史隊長(3月27日付退職)があいさつした(写真)。

愛知県警鉄警隊で「鉄道施設内ちかん被害者支援連絡協議会」開催

     

~放射塔~交通安全教育車「ほくと号」が19年ぶり更新

○…北海道警が運用する、四輪運転シミュレーターを搭載した交通安全教育車「ほくと号」が19年ぶりに更新され(写真)、札幌市内での高齢者交通安全教室の開催に先立ち、道警本部で運用開始式が実施された。
○…老朽化やリース契約期間の満了に伴って車両が一新され、四輪運転シミュレーターが最新型に。映像の精度向上、モニターの液晶化、小型軽量化、省電力化などにより、現実に近い形での体験が可能となった。
○…早速、交通安全教室で高齢運転者がシミュレーターを体験し、交通事故防止の意識を高めた。ほくと号は今後、道内各地の交通安全教室やイベント会場などに派遣され、参加・体験型の出前型交通安全教室で活用される。

交通安全教育車「ほくと号」が19年ぶり更新

 

▼2016年7月~12月

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  



footer