日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成28年の風俗環境の現状と関係事犯の取締り状況

警察庁は「平成28年の風俗環境の現状と風俗関係事犯の取締り状況」をまとめた。風俗営業所数は31年連続で減少したが、性風俗関連特殊営業所数は10年連続で増加している。風俗関係事犯の検挙は、平成19年以降、件数・人員ともに減少している。コンピュータ・ネットワークを利用したわいせつ事犯の検挙件数は、全国協働捜査方式の活用で平成23年以降高水準で推移している。
     

 

◆山形県警が中小企業支援団体等とサイバーセキュリティ協定

山形県警はサイバーセキュリティ戦略の三本柱の一つ「サイバー空間の脅威の低減」を図るため、県内の中小企業支援団体の県商工会議所連合会、県商工会連合会、県中小企業団体中央会、県企業振興公社、県情報産業協会と、サイバーセキュリティに関する相互協力協定を締結した。5団体の傘下会員は2万7,700人にのぼり、県警と各団体は今後、広報啓発活動や情報共有、セキュリティマネジメント(セキュリティ強化)などで連携・協力・支援体制の確立を図る。
 

◆群馬県警で大型車両テロ想定の突入阻止対処訓練

不特定多数の人が集まる「ソフトターゲット」を標的とする事案に対応するため、群馬県警は大型トラックを被疑車両に想定した突入阻止対処訓練を実施した(写真)。海外で発生した大型車両を使用した無差別テロを踏まえたもので、警備、刑事、地域、交通各部はじめ、県情報通信部機動通信課などの60人が参加。県警によると、大型車両の突入を想定した阻止対処訓練は全国でも初めてという。

群馬県警で大型車両テロ想定の突入阻止対処訓練     

◆佐賀県伊万里署がアマ無線団体と災害時の協力協定結ぶ

佐賀県伊万里署は伊万里アマチュア無線非常通信協力隊と「災害発生時等における情報通信活動に関する協定」を締結し(写真)、災害・事件事故発生時の情報収集体制を強化した。管内とその周辺で大規模な災害や事件事故が発生した場合に、被災状況や事件事故の解決に必要な情報を伝達してもらう内容。こうした協定を警察署が結ぶのは県内で初めてという。

佐賀県伊万里署がアマ無線団体と災害時の協力協定結ぶ

     

~放射塔~立ち直り支援少年が感謝の気持ちを込めてクッキー作り

○…愛知県小牧署は立ち直り支援を継続的に行ってきた少年たちが中学校を卒業することから、少年たちが保護者に感謝の気持ちを伝えるために手作りクッキー教室を開いた。
○…ホワイトデーにあわせて行われ、生地作りから作業を実施。ほとんどの少年たちにとって初めての体験で、要領が分からないながらも少年補導委員の講師から指導を受けながら慣れない手つきで生地をこねた。
○…その後、型を抜いてオーブンで焼き上げ、丁寧に飾り付けた。完成したクッキーは「いままでありがとう」などの感謝の言葉を書いたメッセージカードを添えてラッピング。ホワイトデーの贈り物を完成させ、少年たちは「今までの感謝の気持ちとともに渡します。上手に作ることができました」と喜んでいた。

 

▼2016年7月~12月

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  



footer