日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成28年の「児童虐待及び児童の性的搾取等の状況」

警察庁は平成28年の「児童虐待及び児童の性的搾取等の状況」をまとめた。警察から児童相談所に通告した児童数は5万4,227人で12年連続で増加したほか、児童虐待の検挙人員と被害児童数は過去最多となった。また、児童ポルノ事件の検挙件数、検挙人員、被害児童数も過去最多となった。児童買春事件等の検挙件数、検挙人員も増加傾向にある。
     

 

◆神奈川県防犯セキュリティ協会と防犯・防災機器の無償貸与協定結ぶ

神奈川県警は地震や豪雨、暴風などの大規模災害発生時に防犯・防災機器の無償貸与を受けることなどを定めた協定を、県防犯セキュリティ協会と締結した(写真)。発生地域の治安維持が目的で、昨年4月の熊本地震で派遣された女性警察官部隊の声が基になっている。機器には防犯カメラやセンサーライト、防犯アラーム、拡声器、のぼり旗などがあり、協会加盟の法人会員を通じて提供される。こうした協定は全国でも初めてという。

神奈川県防犯セキュリティ協会と防犯・防災機器の無償貸与協定結ぶ  

◆優秀な人材確保へ警視庁が採用の広報啓発活動を推進

警視庁は3月14日を「けいしちょう採用の日」として、優秀な人材を確保するため、同日を中心に警察官・警察行政職員等採用の広報啓発活動を推進している。13日から17日までの5日間、同庁本部1階に採用相談コーナーを開設し、受験者の個別相談を受けている。悩みを事前に解消してもらい、採用試験等へのモチベーションを高めてもらう目的。事前の電話予約で一人30分を目安に、キャリアアドバイザーやリクルーター(実務2年位の若手職員等)が相談を受ける(写真)。期間中、約120人の対応をする。

優秀な人材確保へ警視庁が採用の広報啓発活動を推進     

◆沖縄県与那原署が南城市と認知症高齢者の見守り協定締結

沖縄県与那原署は管内の南城市と「認知症高齢者等の見守り及び安全支援に関する協定」を結んだ(写真)。認知症高齢者の行方不明事案を認知した際の迅速な手配、発見時の正確な身元特定のほか、認知症高齢者等による万引き事案の防止などが目的。行政機関と警察が連携し、認知症高齢者等やその家族の安全な暮らしを確保する。

沖縄県与那原署が南城市と認知症高齢者の見守り協定締結

     

~放射塔~愛知県一宮署の家族が職場見学にやってきた

○…愛知県一宮署は署員家族を招いて職場見学会を開催した。若手署員50人の家族に案内を出したところ、両親や祖父母、兄弟を中心に28家族76人が集まった(写真)。寺倉利彦署長があいさつした後、参加家族は白バイ走行や警察犬の臭覚訓練を見学したほか、鑑識作業体験も行った。
○…当日は職場風景を撮影した写真のスライド上映や若手署員による逮捕術訓練もあり、普段見る機会のない子供や孫の姿に、家族は一様に感慨深げな様子だった。
○…見学会の最後には、若手署員と家族が署長席で記念撮影。若手署員にとって、警察官としての士気高揚とともに、家族との絆が深まる一日となった。

愛知県一宮署の家族が職場見学にやってきた

 

▼2016年7月~12月

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  



footer