日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆「大型免許等を受けようとする者に対する講習の運用に関する細目」を通達

警察庁は平成28年12月27日付で全国警察に「大型免許等を受けようとする者に対する講習の運用に関する細目」について通達した。これまでの細目を改正したもの。講習実施上の留意事項として▽指定自動車教習所の教習との合同による実施▽教習の課程の指定を受けた特定届出教習所における教習との合同による実施▽指導員の資格要件―などについて指示した。今年3月12日から運用する。

    

 

◆「テロ対策宮崎パートナーシップ推進会議」を設立

宮崎県警は東京五輪・パラリンピックなどを見据え、行政機関や公共交通機関、集客施設管理者、ライフライン事業者など29機関・団体で構成する「テロ対策宮崎パートナーシップ推進会議」を設立した(写真)。「テロを許さない社会の実現」の基本理念のもと、テロの未然防止に向けた構成員相互の情報共有や通報連絡体制の確立、構成員合同によるテロ対処訓練に取り組み、官民一体となった「日本型テロ対策」を推進する。

「テロ対策宮崎パートナーシップ推進会議」を設立      

◆島根県松江署が外国人留学生招いて柔道・剣道の体験イベント

島根県松江署は外国人留学生を署道場に招き、署員の指導による柔道・剣道の体験イベントを開催した。同署が目標に掲げる「国際文化観光都市にふさわしい町づくりに治安面から貢献する」取組みの一環。警察への理解と協力を得るとともに、東京五輪等に向けて署員のコミュニケーション能力を高め、松江市の観光事業に貢献することがねらいだ。
  

◆愛媛県大洲署で運転経歴証明書手数料をの補助事業を開始

高齢ドライバーが運転免許を自主返納しやすい環境を構築するため、愛媛県大洲署は交通安全協会の協力で、協会員が運転経歴証明書の申請をする場合の手数料補助事業を1月4日から開始した(写真)。会員の申請手数料1,000円の半額が補助されるほかに、全申請者対象の申請写真の無料撮影もあり、申請手続のワンストップ化を図る。

愛媛県大洲署で運転経歴証明書手数料をの補助事業を開始

     

~放射塔~非行防止・健全育成リーフレット・ポスターを作製

○…宮城県若柳署は、若柳地区少年補導員協会や防犯協会連合会等と協働で、非行防止・健全育成リーフレットとポスターを作製した。
○…ぼくらがつくっていこう 安全で明るい社会―。警察官と背中合わせに立った生徒が、澄んだ目で呼び掛ける。非行防止をテーマとしたコンテストのイラスト部門で最優秀作品に輝いた作品が、リーフレットの表紙を飾った(写真)。裏面には非行防止メッセージ部門で入賞した2作品とともに非行防止合言葉「まけないよ」(「万引きしない」「ケータイ危ない」「殴らない」「いじめない」「夜遊びしない」)を掲載。また、ポスターには応募のあった約100点の作品の一部が並べて載せられている。
○…同署では、リーフレットを管内の小中学校と高等学校に通う全児童・生徒約4,200人に配布したほか、ポスターを市役所や公民館等の公共施設に掲出。教育関係者や保護者からも反響があるなど、効果的な取組みとなった。

非行防止・健全育成リーフレット・ポスターを作製

 

▼2016年7月~12月

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  



footer