日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆佐賀県伊万里署と酒造会社で災害時の敷地使用協定結ぶ

佐賀県伊万里署は大規模災害時の警察部隊活動拠点を確保するため、管内に本拠を置く酒造会社・宗政酒造㈱との間で「宗政酒造株式会社敷地の使用に関する協定締結式」を行った(写真)。平時から協力体制を構築することにより、水害、地震その他の災害が発生した際に、同社施設の一部「有田ポーセリンパークのんのこの郷駐車施設」を警察災害派遣隊の活動拠点として提供を受け、迅速かつ的確な災害警備活動の実現を可能とするもの。この種内容の協定締結は県内初という。

佐賀県伊万里署と酒造会社で災害時の敷地使用協定結ぶ  

 

◆新聞販売員の「乙訓ひめぼたるパトロール隊」が発足

京都府向日町署と乙訓防犯協会は新聞配達時に販売員が地域の防犯活動に取り組む「乙訓ひめぼたるパトロール隊」を発足させた。乙訓地域と京都市伏見区の京都新聞5販売所の販売員140人が隊員を務める。向日市の京都新聞向町北販売所であった出発式で、販売所長が乙訓防犯協会会長からパトロール隊のステッカーを受け取り、配達用オートバイにステッカーを貼付(写真)。従業員が夕刊の配達へと出発した。

新聞販売員の「乙訓ひめぼたるパトロール隊」が発足    

◆神奈川県相模原南署がワイヤーロック錠で自転車盗難防止の街頭活動

神奈川県相模原南署は自転車盗被害の総合対策の一環で、外郭3団体から寄贈を受けたワイヤー錠5,000個を、被害多発地域の駅駐輪場で配布し、「自転車盗難が急増しています。ツーロックすることで盗難を防げる可能性が高まります」と呼び掛けている。管内の自転車盗被害の約6割が無施錠である現状を踏まえ、同署では「施錠の徹底」と「ツーロックの励行」を重点とした街頭活動を展開した。

  

  
     

~放射塔~リオ卓球メダリスト・水谷選手が詐欺電話を見極め

○…高齢者等の特殊詐欺被害を防止するため、静岡県警は磐田市出身でリオ五輪卓球競技男子個人銅メダリストの水谷隼選手をモデルとしたクリアファイルを作成した。
○…表面には、球種を見極めてボールを打ち返す水谷選手のプレイスタイルにちなんだ注意喚起文「サギ電話 見極めろ!」を(写真)、裏面には「家族と繋ごう 会話のラリー」との啓発文を記載。試合中の水谷選手の写真がふんだんに使われており、インパクトのあるデザインに仕上がっている。
○…完成したクリアファイルは、約300人の高齢者が出場するラージボール卓球大会の会場周辺で配布された。クリアファイルを受け取った人からは「水谷選手がボールの回転を見極めるように、不審な電話を見極めるようにしたいと思います」の声が聞かれるなど、効果的な広報啓発となった。

リオ卓球メダリスト・水谷選手が詐欺電話を見極め

 

▼2017年1月~6月

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2016年8月
  1
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



footer