日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成28年版犯罪白書が公表

法務省の「平成28年版犯罪白書」が11月11日公表された。平成27年を中心とする最近の犯罪動向と犯罪者処遇の実情を概観するとともに、「再犯の現状と対策のいま」と題して特集を組んでいる。平成27年の入所受刑者のうち再入者は6割近くを占め、入所度数が5度以上の者も2割を超えた。また、平成26年出所受刑者の2年内再入率をみると、高齢者の再入率が高く、白書では高齢者の再犯防止対策に重点的に取り組む必要があるとしている。

 

 

◆「福岡県中小事業者サイバーセキュリティ支援ネットワーク」が発足

福岡県警は県や九州経済産業局、中小事業者支援4団体と「福岡県中小事業者サイバーセキュリティ支援ネットワーク」(通称・F-CSNET)を発足させた。情報発信と共有、相談対応が取組みの柱。参加機関・団体が連携しながら、最新の脅威情報やセキュリティ強化に役立つ情報を発信し、県内事業者の99.8%を占める中小事業者(14万3,058社)のサイバーセキュリティ対策を支援する。

   

◆愛知県警で初のサイバーセキュリティ技能競技会

愛知県警は県警全体のサイバー犯罪対処能力の底上げを図るため、初となる県警サイバーセキュリティ技能競技会の予選大会を開催した。警察署対抗で、各署警部以下の警察官3人を1チームとした45チーム135人が出場。画像から位置情報を解析する問題など実務に直結する3問に、パソコンなどを駆使して挑んだ(写真)。

愛知県警で初のサイバーセキュリティ技能競技会   

  

◆官民一体の「先斗町このまち守り隊」で防火や防犯活動

京都府中京署は五花街の一つの先斗町(ぽんとちょう)で、官民一体の「先斗町このまち守り隊」を発足させた。警察や消防、区役所、地元住民などで構成。自主防災・防火、防犯活動に連携して取り組み、「歴史ある町を守り、より良いまちにしていく」ことを目指している。

     

~放射塔~町民チャリティー演芸会で詐欺被害防止の寸劇を披露

○…北海道北見方面興部署は興部町で開催された「町民チャリティー演芸会」で、特殊詐欺被害に関する寸劇を行い、注意を呼び掛けた。
○…寸劇は、災害被災者への寄付を募る電話を受けた被害者がコンビニのATMで現金を下ろそうとしていたところ、店員に声を掛けられ難を逃れるというストーリー。即座に警察に通報し、詐欺電話だったと発覚したため、警察との協力で「だまされたふり作戦」を実行し、被害者の自宅に現金を取りに来た受け子役の犯人を確保する。
○…道警シンボルマスコット「ほくとくん」もステージ上に登場し、喚起文が書かれた紙を提示(写真)。▽年齢にかかわらず被害に遭う可能性があること▽不審な電話やメールが来たら『送る』『手渡す』『振り込む』前に家族や知人・警察に相談すること―などを来場者に強く訴えた。

町民チャリティー演芸会で詐欺被害防止の寸劇を披露

 

▼2017年1月~6月

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2016年8月
  1
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



footer