日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆秋の全国交通安全運動期間中の事故死者は103人

警察庁は平成28年秋の全国交通安全運動期間中(9月21日~30日までの10日間)の「交通事故発生状況」をまとめた。期間中の全国の交通事故発生件数と負傷者数は、昨年の同運動期間中に比べ増加したが、死者数は103人で、17人(14.2%)減少した。また、安全運動最終日の9月30日現在の交通事故死者は2,758人で、昨年同期に比べ146人(5.0%)減少した。
 

◆北海道警で女性キャリア形成の支援研修会

北海道警は採用から5年未満、または30歳未満の若手女性職員を対象とした「女性職員キャリア形成支援研修会」を開催した。女性職員が採用後の早い段階から広い視野を持ち、豊かな人格を形成しながら能力を発揮していくとともに、さまざまな生活環境の変化を経験しながらもキャリアを形成していく意識付けを図ることがねらい。札幌方面管内の女性職員106人(警察官58人、一般職員48人)が参加した。

   

◆宮城県南三陸署が事業者と高齢者の見守り活動の協定結ぶ

宮城県南三陸署は高齢者が犯罪被害や交通事故の当事者になるのを防ぐため、高齢者宅を訪問する機会がある事業者と「高齢者の見守り活動」に関する協定を結んだ(写真)。県内初の協定で、締結したのは管内所在の志津川郵便局、河北新報南三陸販売所、ヤマト運輸㈱宮城主管支店南三陸支店の3事業者。同署であった協定書調印式で、阿蘓東彦署長は「東日本大震災後、新しいコミュニティになじめずに引きこもる高齢者もいる。民間事業者と協力して声掛けをしていきたい」とあいさつした。

宮城県南三陸署が事業者と高齢者の見守り活動の協定結ぶ   

  

◆岡山・兵庫・鳥取の県境署で交通安全の合同啓発活動

交通安全運動期間中の9月25日、県境を挟んで管内が隣接する岡山県美作署と兵庫県佐用署、鳥取県智頭署による合同啓発活動が岡山県英田郡の「道の駅あわくらんど」で行われた(写真)。3署はじめ各県警高速隊、交通関係団体、自治体などから総勢40人が参加し、道の駅を訪れたドライバーに交通安全を呼び掛けた。

岡山・兵庫・鳥取の県境署で交通安全の合同啓発活動/

     

~放射塔~女優・相楽樹さんが地元埼玉で一日交通部長

○…埼玉県警が9月27日に開いた秋の全国交通安全運動イベントで、同県出身の女優・相楽樹さんが一日交通部長に就任し、交通安全を呼び掛けた。
○…県警PRセンターで一日交通部長の委嘱を受けた後、相楽さんは「県民の皆さん一人一人が交通ルールをしっかり守り、思いやりの心、ゆずり合いの気持ちを持って『交通事故を起こさない』『交通事故に遭わない』よう交通安全に努めてください」とあいさつ。その後、浦和署や浦和駅、蕨署に場所を変え、啓発品・チラシなどを配布する街頭活動に取り組んだ(写真)。
○…NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で主人公の妹役を務めており、イベントには大勢の市民が集まった。大役を務め上げた相楽さんは「地元埼玉県で活動に携わることができてとてもうれしい。交通事故をなくすためには、毎日の一人一人の心掛けが大事です。私も気をつけていきたいと思います」と話した。

女優・相楽樹さんが地元埼玉で一日交通部長

 

▼2017年1月~6月

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2016年8月
  1
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



footer