日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆上半期の少年犯罪被害・いじめ起因事件・校内暴力事件

警察庁は平成28年上半期の「少年の犯罪被害」「いじめに起因する事件」「校内暴力事件」をまとめた。少年が主たる被害者となった刑法犯の認知件数は昨年同期に比べ減少、性犯罪被害も減少した。また、学校でのいじめに起因する事件数、検挙・補導人員も減少した。校内暴力事件の発生件数も減少した。
 

◆熊本県警が高専とサイバーセキュリティの協定結ぶ

熊本県警は情報通信技術に関して高い知見を有する熊本高等専門学校と、サイバーセキュリティの分野で連携・協力することを目的とした協定を締結した。今後、両者は協定に基づき、人材育成施策への参加、サイバー犯罪に関する技術的支援、素養ある人材の採用方策、サイバー犯罪に関する情報共有などへの取組みを強化する。

   

◆岐阜県恵那署は老人クラブ連合会と見守り協定を締結

岐阜県恵那署は恵那市壮健クラブ連合会(市内13地区)と「恵那市壮健クラブ連合会相見隊の活動に関する協定」を締結した(写真)。相見隊(そうけんたい)とは「相互に見守り、助け合う」という意味の造語で、連合会の会員が相見隊の隊員となり、普段からお互いに見守り、助け合う活動を行う。

岐阜県恵那署は老人クラブ連合会と見守り協定を締結   

  

◆和歌山県田辺署で有志を募って「英語部」発足

外国人に係る事件・事故、遺失・拾得、地理案内等の各種警察事象に対して円滑かつ効果的に対応するため、和歌山県田辺署は英語能力向上を望む署員を募り、英語部として活動している(写真)。部員は各課から集まった11人で、普段から自学自習に努めている。今後、TOEIC(国際コミュニケーション英語能力テスト)の受験とともに、ロールプレイング方式の英会話講座でレベルアップを図る。

和歌山県田辺署で有志を募って「英語部」発足/

     

~放射塔~秋田県警察学校の「期章」にナマハゲをデザイン

○…秋田県警察学校では第89期初任科短期・長期課程の「期章」エンブレムが制定された。
○…数多くの候補作品が学生から寄せられる中、選出されたのは、大きく口を開けたナマハゲのイラストに「AKITA POLICE」の文字をあしらったデザイン案(写真)。考案した学生は「ナマハゲは、迫力があり力強い警察官をイメージしやすく、私たちの期の長所に通じるところがあると考え、モチーフにした。同期生のアドバイスなしには完成できなかったので、心から感謝している」と喜びをにじませた。
○…学生たちは「同期全員の意気込みのおかげで、良いエンブレムが生まれ、達成感でいっぱいだ」「同期生への感謝の気持ちを忘れずに過ごしていきたい」と話しており、同期の絆を一層深めた様子だった。

秋田県警察学校の「期章」にナマハゲをデザイン

 

▼2017年1月~6月

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2016年8月
  1
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



footer