日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆管区警察局長会議を開催

警察庁は同庁第1会議室で「管区警察局長会議」を開いた。会議には坂口正芳長官はじめ同庁幹部、それに各管区警察局長等が出席した。席上、坂口長官の訓示があり、次いで「組織的捜査管理の更なる徹底について」の議題を協議した。
 

◆長野県警でサイバー攻撃対処セミナー開く

長野県警が事務局を務める県サイバーテロ対策協議会は県庁で「サイバー攻撃対処セミナー」を開いた。県内の重要インフラ事業者で構成する会員(7分野15事業者)とともに、9月23~25日に開催された「G7長野県・軽井沢交通大臣会合」の関連事業者がオブザーバーとして参加。サイバー攻撃の未然防止と事案発生時の的確な対処を行うため、最新のサイバー攻撃情勢の共有、インシデント発生時の対処訓練(写真)を通じて会員相互の連携を深めた。

長野県警でサイバー攻撃対処セミナー開く    

◆愛知県警で「ながらスマホ」防止のキャンペーン

歩きながら、あるいは運転しながらスマートフォンを使用する、いわゆる「ながらスマホ」が重大交通事故や交通トラブルの原因になるなど、社会問題となっていることから、愛知県警は大手電気通信事業者のKDDI㈱と連携して「ながらスマホ」防止を訴える交通安全啓発キャンペーンを行った。名古屋駅前のミッドランドスクエアであり、伊藤彰久交通部長が「ながらスマホ」の危険性、同社の渡辺中部総支社長が「通信事業者としての責任」などについて説明した。

  

  

◆北海道松前署が安全運転管理者協会と災害時の支援協定結ぶ

北海道函館方面松前署は「災害時等の支援に関する協定」を松前地区安全運転管理者協会と締結した(写真)。警察署と交通関係団体が災害協定を結ぶのは道内で初めて。同協会は建設業、林業など10業種46社・団体からなり、地域に根ざした交通安全啓発活動を行っている。過去の災害や危険箇所に精通していることから、協定では災害の恐れがある箇所の情報提供を行うほか、災害現場での危険回避、救出活動、災害復旧などで警察と連携する。

北海道松前署が安全運転管理者協会と災害時の支援協定結ぶ/

     

~放射塔~「レノファ山口FC」の特徴取り入れた速度抑止ステッカーを作製

○…県民に自動車走行速度の抑制を呼び掛けようと、山口県警は(一財)県自動車振興センターと協働で「スピードダウンステッカー」を作製した。
○…ステッカーの左側は、J2リーグ所属のプロサッカーチーム「レノファ山口FC」チームカラーのオレンジ色を基調に、チームのロゴやエンブレムと、プレースタイルを表す「SPEED」の文字をあしらったデザイン。右側は、県警をイメージした青色に「DOWN」の文字と、県警マスコット「ふくまるくん」のイラストを配したもの。長方形で、サイズは縦4㎝×横17㎝。
○…製作発表には、「ふくまるくん」とチームのマスコットキャラクター「レノ丸」が登場(写真)。テレビや新聞でも取り上げられ、入手方法等の問い合わせが県民から相次ぐなど、大きな反響があったという。県警では、今後も各種事業者や関係機関等と連携し、重大交通事故の抑止に精力的に取り組んでいきたい考えだ。

「レノファ山口FC」の特徴取り入れた速度抑止ステッカーを作製

 

▼2017年1月~6月

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2016年8月
  1
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



footer