日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆夏期の水難・山岳遭難発生状況まとまる

警察庁は平成28年夏期(7月~8月)における「水難・山岳遭難発生状況」をまとめた。水難発生件数は614件、水難者は735人で、昨年同期間に比べそれぞれ増加した。また、山岳遭難発生件数は660件、遭難者は753人で、発生件数は昨年同期間に比べ増加し、過去最も多かった。遭難者は昨年同期に比べると減少したが、遭難者の46.7%を60歳以上が占めている。
 

◆警視庁で異動後初の署長会議

警視庁は人事異動後の「署長会議」を本部庁舎で開催した。席上、高橋清孝警視総監(20日付で辞職)は▽犯罪抑止総合対策の推進▽人身安全関連事案への的確な対応▽テロ等不法事案の防圧検挙▽総合的な組織犯罪対策の推進▽サイバー空間の脅威に対する総合対策の推進▽重大交通事故防止対策の推進▽災害警備諸対策の推進▽東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた諸対策の推進▽現場力向上に向けた組織基盤の構築―について訓示した。

   

◆京都府警で「人生の羅針盤教養」行う

京都府警は警察人生の節目に警察職員の進むべき道を想起させ、職務倫理意識や人間力の向上を図る「人生の羅針盤教養」を行っている。初回は、拝命5年目を迎えた平成23年採用の警察職員約230人が対象。警察学校で、初任科入校当時の警察学校長(OB)による講演を受講した。

  

  

◆福岡県戸畑署が製鉄会社対象にサイバーセキュリティ講習会

福岡県戸畑署は新日鐵住金㈱八幡製鐵所と同関連事業所などの担当者を集め、サイバーセキュリティ講習会を開催した。同社をはじめとする49事業所51人が参加。本部サイバー攻撃特別捜査隊員が「サイバー攻撃情勢と対策について」と題し、DDoS攻撃や標的型メール攻撃といった最近の攻撃事例や平素の対策要領等についてパワーポイントで説明したほか、県情報技術解析課の技官が「他人事ではいられないサイバー攻撃」「標的型メール攻撃の特徴を知ろう」と題して、パソコンを使用したデモンストレーションを披露した。

     

~放射塔~「絵どうろうまつり」で秋田県湯沢署製作の作品が入選

○…秋田県湯沢署の署員が製作した絵灯籠が、地元の伝統行事「七夕絵どうろうまつり」のコンクールで、入選を果たした。
○…江戸時代、京都から秋田藩佐竹南家に輿入れした姫が、京への郷愁を五色の短冊に込め、青竹に結わえ付けたことに始まるとされる同祭。そのメーンストリートを飾る絵灯籠として、署の独身会「犬っこの会」のメンバーが管内の名人に指導を受け、約1カ月をかけて完成させた。大きさは幅約1.2㍍、高さ約1.8㍍で、交通安全・特殊詐欺被害防止を呼び掛けるイラストを「世界の願い!交通安全」「だまされたらダメ」などのメッセージとともに描いたもの(写真)。
○…祭り期間中、会場には大勢の見物客が詰めかけ、宵闇を照らす絵灯籠の光を心ゆくまで楽しんでいた。絵灯籠はその後も署の庁舎玄関に展示され、来庁者に日々、癒やしをもたらしている。

「絵どうろうまつり」で秋田県湯沢署製作の作品が入選

 

▼2017年1月~6月

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2016年8月
  1
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



footer