日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆お盆時期の交通事故死者数は105人で減

警察庁は「お盆時期10日間(8月9日~18日)の交通事故発生状況」をまとめた。期間中の発生件数は1万3,926件、死者数は105人、負傷者数は1万8,141人で、昨年の同期間と比べると、発生件数、死者数、負傷者数はいずれも減少した。また、8月18日現在の累計交通死者数は2,312人で、昨年同期に比べ減少している。
 

◆住民への犯罪情報提供協定をエフエム仙台と締結

宮城県警は住民等を犯罪被害から守ることを目的に、㈱エフエム仙台と「犯罪情報等の住民提供に関する協定」を結んだ。県警本部で締結式があり、佐藤宏樹生活安全部長と畑中和俊社長が調印した(写真)。協定は、住民等の生命または身体に危険が及ぶ重要凶悪犯罪等が発生した場合、県警が迅速的確に犯罪情報などを提供し、同社がFMラジオを通じて速やかに注意喚起するといった内容。

住民への犯罪情報提供協定をエフエム仙台と締結    

◆埼玉県警で暴走族等追放のキャンペーン開く

埼玉県警本部交通捜査課と熊谷署は熊谷市宮町の商工会館前で暴走族等追放キャンペーンを開いた。熊谷地区ヤングドライバークラブ、市自転車商組合、市を含む総勢約30人が参加し、街頭で「STOP暴走」の標語入りのハンドタオルや反射材付きキーホルダーなどを配布(写真)。通行人やドライバーに対し「暴走をしない、させない、街ぐるみ」を呼び掛けた。

埼玉県警で暴走族等追放のキャンペーン開く   

  

◆ブラジル警察幹部の研修を滋賀県東近江署が受け入れ

滋賀県東近江署に、JICA等による地域幹部研修で来日中のブラジル連邦共和国の警察官14人が訪れ、日本の地域警察活動についての研修に臨んだ。ブラジルで外交官勤務の経験がある清水俊昭署長から、ポルトガル語で管内概況や警察署各課の業務、ブラジルと日本の警察組織の違いなどについて説明があった後、研修生は警察点検、パトカー、地域警察官の個人装備、署内を見学。管内のブラジル人学校で行われた「防犯教室」「交通安全教室」も視察し、八日市駅前交番と平田警察官駐在所では巡回連絡にも同行した(写真)。

ブラジル警察幹部の研修を滋賀県東近江署が受け入れ/

     

~放射塔~愛知県警音楽隊の投稿動画がネットで大反響

○…愛知県警音楽隊が動画投稿サイト「You Tube」に投稿した動画が、公開1カ月で視聴回数が2万回を超えるなど、インターネット上で大きな反響を呼んでいる。
○…動画は、制服姿の警察官がドラムを叩き始めると、次々と演奏者が加わっていくフラッシュ・モブ的な要素を含んだもので、最後に「交通安全」のメッセージが現れる(写真)。「県警公式チャンネル」が開設されたことを機に、演奏・演技の動画を投稿することを計画。若手隊員が中心となり、企画から撮影、編集までのすべてを隊員だけで完成させた。○…同隊は「今後も投稿していく予定」としており、インターネットを通じた広報活動を強化していく。

愛知県警音楽隊の投稿動画がネットで大反響

 

▼2017年1月~6月

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2016年8月
  1
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



footer