日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆上半期の特殊詐欺被害阻止率は50.9%

警察庁のまとめた「平成28年上半期の特殊詐欺の認知・検挙状況」(暫定値)によると、全国の警察では被害防止のために、犯行ツール対策や被害金交付形態別対策など様々な対策を推進。また、金融機関、宅配事業者、コンビニエンスストア等に対して、声掛けや通報を依頼。これにより、6,214件、104億3,000万円の被害を阻止した。阻止率は50.9%で集計を始めた平成20年以降で最高となった。今後も引き続き、関係事業者等との連携を強化する。
 

◆JA共済連福岡と犯罪の起きにくい社会づくり協定を締結

福岡県警はJA共済連福岡と「犯罪の起きにくい社会づくり」に関する協定を結び(写真)、地域の防犯環境整備を推進することにした。協定に基づく県警の要請で、共済連は3年間で防犯カメラ300台を地域に寄贈する。県警は性犯罪が多発する駅周辺を中心とした、防犯カメラの効果的な設置場所などをアドバイスする。

JA共済連福岡と犯罪の起きにくい社会づくり協定を締結    

◆大阪府警で自転車保険加入促進のキャンペーン

自転車利用者の損害賠償保険への加入を義務づける「大阪府自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が7月1日に全面施行され、府警はさきごろ、高槻市役所とその周辺道路で、自転車保険加入の必要性についての広報啓発活動に取り組んだ。活動には、本部交通総務課や高槻署をはじめ、市や味の素パッケージング㈱などが参加。市のPR係長(キャラクター)の「はにたん」が「一日信号守らせ隊」に任命された後、交通ルールの順守と保険加入の必要性を記載した啓発チラシなどを自転車利用者に配った。

  

  

◆宮崎県警の野口本部長が大学で講義

宮崎県警は宮崎産業経営大学で野口泰本部長による講義を行い(写真)、2年生から4年生までの学生約400人が受講した。講義は、学生に警察業務・活動の重要性を理解させるとともに、警察官という仕事に興味を持たせ、警察官採用試験受験者数の拡大を図り、優秀な人材の確保につなげることがねらい。

宮崎県警の野口本部長が大学で講義/

     

~放射塔~信号カラーの3色玉ねぎで交通安全キャンペーン

○…佐賀県白石署は白石地区交通安全協会、白石町交通安全対策協議会と協働で、白石名産の玉ねぎを配って交通安全を呼び掛けるキャンペーンを実施した。
○…「玉ねぎは目にしみるけど、交通事故は身にしみる」をキャッチフレーズに、信号に見立てた三色の玉ねぎを啓発チラシと一緒に配布(写真)。夏場に起こりやすいボンヤリ運転による信号見落としや追突事故をはじめ、飲酒運転による重大事故の防止をドライバーに訴えた。
○…活動に参加した署員は、同署で推進している、高齢者の靴のかかとに反射材を貼って事故防止につなげる「杵島郡はっけん運動」についてもPR。同署は今後も「官民一体で交通事故防止に向けたまちづくりのために各種施策を推進していく」という。

信号カラーの3色玉ねぎで交通安全キャンペーン

 

▼2017年1月~6月

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2016年8月
  1
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



footer