日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成28年上半期の刑法犯認知・検挙状況(暫定値)

警察庁は平成28年上半期の「刑法犯の認知・検挙状況(暫定値)」をまとめた。認知件数は48万8,900件で、昨年同期に比べ4万9,878件(9.3%)減少、戦後最少だった昨年の上半期を更に下回った。包括罪種別では、知能犯のみ増加した。一方、検挙率は33.9%で昨年同期より上昇した。検挙事件(本件)の被疑者特定の端緒をみると、職務質問の割合が減少する一方、防犯カメラ画像が増加している。
 

◆熊本県警でサイバー防犯ボランティア九州フォーラムを開催

熊本県警は九州内のサイバー防犯ボランティア(大学生)と各県警(沖縄除く)に働き掛け、「サイバー防犯ボランティア九州フォーラムinくまもと」を開催した(写真)。同ボランティアの活性化と連携をより一層強化する取組み。熊本地震の発生を受け、震災時のサイバー防犯ボランティア活動の困難性という課題を克服する方策として、ボランティアの自律分散ネットワークの構築について検討した。

熊本県警でサイバー防犯ボランティア九州フォーラムを開催    

◆ATM機付近のテナント店舗を振り込め詐欺バスターズに指定

店外ATM機を利用した振り込め詐欺被害を防ごうと、沖縄県与那原署と与那原地区防犯協会は、大型商業店舗などに設置されているATM機付近のテナント計6店舗を「振り込め詐欺バスターズ指定店」に委嘱した(写真)。大型店舗のテナント店に着目し、委嘱するのは県内でも初めて試みという。

ATM機付近のテナント店舗を振り込め詐欺バスターズに指定   

  

◆青森県警で警務部長と留置担当官との対話会

青森県警は八戸署で「警務部長と留置担当官との対話会」を開いた(写真)。留置担当官のモチベーションのさらなる向上と適正な留置業務の推進がねらい。警務部長はじめ、同署副署長、留置管理課留置官、留置担当官6人が出席。留置担当官から勤務での疑問点や合理・効率化に向けた各種意見が数多く出され、警務部長は「悩んだら一人で抱え込まずに報告・相談することが大切」と教示した。

height="160"/

     

~放射塔~児童が夏の交通安全県民運動をドライバーに周知

○…福岡県大牟田署と大牟田市、交通安全協会大牟田支部は「夏の交通安全県民運動」の取組みを盛り上げるため、市を代表する夏祭り「大蛇山」の山車が常設されている新大牟田駅観光プラザでセレモニーを開催した。
○…関係団体や市立上内小学校児童の代表らが集まり、大倉英治署長が「交通事故は減少傾向にあるが、飲酒運転が後を絶たない。7月を『夏の飲酒運転一掃月間』と定めて取締りを強化するので支援をお願いする」とあいさつ。児童代表の8人が「夏休みの交通事故に注意して、元気に2学期を迎えます」と交通安全宣言を読み上げ、交通事故防止を誓った。
○…セレモニー後には、付近道路でドライバーに啓発物を配布するセーフティステーションを実施。児童らが「飲酒運転は絶対にやめましょう」と声を掛け(写真)、安全運転を訴えた。

児童が夏の交通安全県民運動をドライバーに周知

 

▼2017年1月~6月

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2016年8月
  1
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



footer