日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成27年中の古物営業・質屋営業の概況

警察庁は「平成27年中における古物営業・質屋営業の概況」についてまとめた。平成27年末の古物営業の許可件数は76万6,493件で、前年に比べ1万2,600件増加、過去10年間、年々増加傾向にある。古物営業法違反の検挙件数は23件、検挙人員は10人だった。また、平成27年末の質屋営業の許可件数は3,034件で、前年に比べ64件減少、過去10年間では年々減少している。質屋営業法違反での検挙はなかった。
 

◆宮城県警で「ヤクルトレディ声掛け作戦」を開始

特殊詐欺被害防止に向け、宮城県警は県警本部で「ヤクルトレディ声掛け作戦」の開始式を開いた。作戦は社会的セーフティネットワークの多極化の一環で、県警が宮城中央ヤクルト販売㈱に依頼して実現した。県内各地で戸別販売をしているヤクルトレディが、県警製作のチラシ6万枚をそれぞれが担当する顧客に配布する。顧客に一言声を掛けることで、詐欺に対する防犯意識を高めるねらいだ。

   

◆映画「シン・ゴジラ」の特殊詐欺撲滅ポスターを作製

神奈川県警は、7月29日から公開される映画「シン・ゴジラ」とタイアップし、特殊詐欺撲滅を訴えるポスター(A2判)を作製した。映画の舞台となった川崎市中原区を管轄する中原警察署で21日、披露された(写真)。同署員が配給会社の東宝㈱に働き掛けて実現に至ったという。ポスターでは、映画のキャッチコピー「現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)。」になぞらえ、県警が考案した「サギの現実に目を向けろ!」「虚構の息子が狙っている! 今すぐ母に会いに行け!」の文言が記載されている。

映画「シン・ゴジラ」の特殊詐欺撲滅ポスターを作製   

  

◆長崎県佐世保署で認知症サポーター養成講座

長崎県佐世保署は署員が認知症についての正しい知識を持ち、認知症患者に対する的確な対応能力を身につける「認知症サポーター養成講座」を開いた。福祉施設職員が講師を務め、森田署長以下署員229人が「認知症とは何か」についての講話を聴講し、認知症を引き起こす主な病気(アルツハイマー病、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症、脳血管性認知症)とそれぞれの症状にあわせた対応要領を具体的に学んだ(写真)。

長崎県佐世保署で認知症サポーター養成講座

     

~放射塔~交通事故ゼロの願いを込めた七夕飾りを贈呈

○…栃木県小山署は、地元のダンスグループ「おやまだいすキッズ」から七夕飾りの贈呈を受け(写真)、玄関ロビーに展示した。
○…グループは小学生と中学生の約20人で構成。知り合いの児童が交通事故の犠牲となったことを切っ掛けに、ダンスを通じた交通安全活動に取り組んでいるという。メンバーから飾りを手渡された藤田裕之署長は、「一人でも多くの方に見てもらい、交通事故防止を願う子供たちの気持ちを持ち帰ってもらいたい」と啓発効果に期待を寄せた。
○…交通事故がなくなりますように―。祈りを込めて書かれた色とりどりの短冊に、来署者は「子供の願いは心に響く」と、熱心に見入っていた。

交通事故ゼロの願いを込めた七夕飾りを贈呈

 

▼2017年1月~6月

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2016年8月
  1
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



footer