日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆上半期の交通事故死者数は1827人

警察庁によると、今年6月末現在(上半期)の全国の交通事故発生件数(概数)は23万8205件、死者数は1827人、負傷者数(同)は29万3589人だった。昨年同期と比べ、発生件数、死者数、負傷者数ともに減少している。また、高齢者の死者数は996人で全死者数の半数以上を占め、昨年同期に比べ減少したが、飲酒死亡事故は105件で、昨年同期と比べると12件増加した。
 

◆広島県警が児童相談所と連絡会議

今年度初となる「広島県西部こども家庭センター(児童相談所)と関係署による連絡会議」が、県自治会館で開かれた。増加の一途をたどる児童虐待事案の現状を踏まえ、警察と児相の情報共有を進め、事案認知時の初動対応を迅速・的確に行えるようにするためだ。総勢21人が出席し、児童虐待防止に係る連携のあり方などを協議した。

   

◆愛知県足助署と設楽署、岐阜県恵那署の3署で合同緊急配備訓練

愛知県足助署と設楽署、岐阜県恵那署の3署は、組織窃盗グループによる盗難車両逃走事案を想定した合同緊急配備訓練を実施した。県境に位置する3署は幹線道路で管内がつながっているため、広域配備網の早期形成と異なる通信系の中での連携強化が目的。訓練では本番さながらの追跡、指揮指令、無線交信、犯人捕捉が繰り広げられ(写真)、迅速・的確な対応を確認した。

愛知県足助署と設楽署、岐阜県恵那署の3署で合同緊急配備訓練   

  

◆宮城県仙台北署が災害警備訓練を実施、署長が災害警備伝承教養

宮城県仙台北署は、今年度の「みやぎ県民防災の日」に伴う災害警備訓練を実施した。全署員231人が、被留置者の避難、災害装備品の習熟訓練、信号操作訓練などに取り組んだ。
訓練の中で「災害警備伝承教養」があり、署長が東日本大震災発生時に被災署の署警備本部で指揮を執り、捜索部隊の運営に当たった経験に基づく教養を行った(写真)。同署では今後も計画的に災害警備訓練を行い、署員の災害に対する危機意識の涵養を図る。

宮城県仙台北署が災害警備訓練を実施

     

~放射塔~神奈川県横須賀署に園児が七夕飾りをプレゼント

○…神奈川県横須賀署に、横須賀市坂本町の聖佳幼稚園の園児20人が訪れ、七夕飾りをプレゼントした(写真)。
○…毎年恒例の取組みで、約6メートルの竹に園児たちが将来の夢や願いなどを書いた短冊が取り付けられている。また、飾りと一緒に「交通ルールを守って、楽しい夏休みを元気で過ごすことを誓います」との宣誓文が記載された垂れ幕も掛けられた。
○…贈呈後、園児たちは2人の女性警察官に対して「お巡りさん、いつもありがとうございます。一生懸命作りました。これからも安全をお願いします」と元気よく宣誓した。七夕飾りは、7日まで署玄関横に設置される。

神奈川県横須賀署に園児が七夕飾りをプレゼント

 

▼2017年1月~6月

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2016年8月
  1
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



footer